年収200万の生活術・節約術

年収200万でも、結婚をし、子供も立派に育て、家も買った。そんな節約術、生活術を伝えたい。

【結婚し、子供も産まれてから1年後の感想】

結婚をしてから2年、子供が産まれてから1年が経ちました。3年前は独身で、造園会社で働いていて、仕事は充実していました。その時は彼女がいなくて、結婚は35歳までに出来れば良いと思っていました。自分の時間がいっぱいあって、釣りに行ったり、音楽を聴いたり、ラーメンを食べに行ったり、自由に過ごしていました。彼女がいないこと以外は、楽しくやっていました。

そんな私が、3年後には奥さんがいて、1才の息子がいて、さらに来年2月にはマイホームが出来ます。本当どうなっているのか自分でもよくわかりません、人生ってふしぎです。

参考になればと思い、今の心境をまとめてみました。


〈結婚、出産、お金がいくらあっても足りない〉

独身の時は給料が安くても、何の不自由もなく暮らしていました。貯金もそれとなく増えていきました。

結婚して、引っ越し、アパートを借りて嫁と同居。引っ越し費用、家電や家具などの購入で、軽く50万以上飛んでいきます。結婚式で数百万飛んでいきます。そして出産、出産は今は補助金が出ますので、そんなにはかからないですが。赤ちゃんの服やおもちゃ、ミルクなどでぶっ飛んで行きます。

嫁は産休育休で給与がさがり(それでも出るだけありがたい)そんなこんなで、貯金はすっからかんです(泣)


〈自分の時間が無くなる、それでも子供は想像以上に可愛い〉

子供が産まれると、子供に時間を合わせなくてはいけません。どこかに出かけるにもミルクや離乳食の事や、お風呂のこと、オムツの事を考えなくては行けないので、気軽に出かけられなくなりました。


〈家に帰ると可愛い子供が出迎えてくれるが〉

仕事が終わって家に帰ると、可愛い息子が声を出して笑顔で喜んでくれます。はっきり言ってめちゃくちゃ可愛いです。

しかし、家に帰っても自分のやりたい事は出来ません。嫁は夕飯の用意を、旦那は子供の相手をしなくてはいけません。携帯をいじっていても、1才の子供が奪いに来ますし、TVもゆっくり見てられません。

さらに赤ちゃんのお風呂、離乳食は結構な労力です。食事も、お風呂もゆっくりは難しくなります。

そして極めつけは赤ちゃんの寝かしつけ、なかなか寝ない時は、結構キツイです。それでも赤ちゃんは可愛いと思えます。



〈まとめ〉

このように、結婚生活は自分の自由な時間が思ってる以上になくなってしまいます。さらに子供が産まれたら、もう好きな事はしばらく出来ないと考えて良いと思います。

なので、独身のうちに、全力で好きな事をやっておく事をオススメします。

そしてお金を出来るだけ、貯めておく事です。または、給料を上げる努力をすべきだった、と私は後悔しています。

けど、私は結婚して良かったと思っています。子供が出来てから嫁とはケンカも多くなりましたが、護るべきものができ、笑う事も多くなりました。今は自分の事よりも、嫁と息子が大事です。嫁と息子の笑顔が一番と思えるようになりました。



(子育て日記も書いています。→)http://baker-kosodate.hatenablog.jp/


(ポイントサイトで無料でお小遣いを稼ごう→)http://baker-setuyakujutu.hatenablog.com/entry/2016/11/20/205007


(パン職人がやっている節約術→)